眠りの雑学特集・ベッドとふとんの比較

健康・ねむりの雑学

ベッドとふとんの比較のページ

スポンサードリンク
健康・睡眠雑学ノート>眠りの雑学特集>ベッドとふとんの比較

Photo by (c)Tomo.Yun

このサイトは健康に関わる「眠り=睡眠」の雑学についてお伝えいたします。

このページは、眠り=睡眠に関わる寝具につて簡潔に説明しています。

寝具は快眠・安眠と深い関係があります。


快適な眠りのための雑学としてお楽しみください。


ベッドとふとんの比較
ベッドとふとんはどちらが良いのでしょうか?という素朴な疑問があります。
ここではベッドとふとんを項目別に比較してみます。

ベッド ふとん
ホコリ 床から高い位置で眠れるため静かな
ときは床上20〜30cmの場所に
溜まるといわれている「ホコリ」の層を
避けて眠れます。
低い位置に眠るため、ホコリなどを、
無意識のうちに吸いこみやすい。
また、ふとんの上げ下ろしの際にも、
ホコリが舞っています。
手 間 ベッドは設置したままなのでふとんの
ような上げ下ろしは必要ありません。
朝晩の上げ下ろしが必要です。
このエネルギーはマンションの2階を
階段で往復するのとほぼ同じです。
朝晩、重労働とも言える作業は
避けられません。
日干し ベッドは一般的に日干ししなくても
マットがある程度自然に乾燥される
構造です。
湿気の発散性が乏しく、定期的な日干しが
必要となり、天候に拘束される生活となります。
保温性 床から高いので温かく、眠りの必要な
条件である「保温性」に優れています。
温度は上より下が冷たいため、特に冬場は
冷たい温度の中で寝ることになります。
購入選択性 ベッドは売場で横になって寝心地を
試すことができるので、より自分に
合ったものを選ぶこともできます。
売場で陳列してあるものを目で見るだけで、
自分に合うかどうかがわからないまま、
買うのが一般的です。
機能性 立体的な構造のため、引き出し等の
収納や機能性をつけることができます。
平面的なため、物を置いたり、収納等の
「機能性」は付けられません。
耐久性 マットレスの上下裏表を定期的に
交替して使用でき耐久性があります。
  (使用条件により異なります)
復元力が弱く「せんべいふとん」になると
定期的に「打ち直し」が必要で、耐久性が
劣ります。
使用スペース 一定の場所が必要で、専用の部屋が
必要です。
ふとんを上げることにより、スペースができ、
昼と夜と2通りの使用ができます。
健康・睡眠雑学ノート

睡眠のメカニズム

睡眠障害、不眠症

女性の睡眠障害

体内時計

入眠障害
  寝つきを良くする

眠りを誘うお風呂

寝室環境

寝室の風水

寝室設計

寝室の色彩

寝具・睡眠

眠りの雑学特集

寝具の雑学特集

プロフィール


相互リンクのお願い

リンク集

健康・睡眠雑学ノートTOPへ
スポンサードリンク
Copyright (C)  All Rights Reserved