眠りの雑学特集・睡眠=眠りの必要性について

健康・ねむりの雑学

睡眠=眠りの必要性のページ

スポンサードリンク
健康・睡眠雑学ノート>眠りの雑学特集>睡眠=眠りの必要性について

このサイトは健康に関わる「眠り=睡眠」の雑学についてお伝えいたします。

このページは、眠り=睡眠に関わる問題点を簡潔に説明しています。

眠り=睡眠は私たちの健康に大きなかかわりがあります。


快適な眠りのための雑学としてお楽しみください。


睡眠=眠りの必要性について

私たちは、毎日の仕事や家事・育児で、気がつかないうちに心身の疲労

(=ストレス)を蓄積しています。

疲労の回復に睡眠=眠りは大きな効果があり、ねむりは健康にとって

大切なものです。

酒や趣味の世界もストレス発散に効果を発揮するといわれていますが、

睡眠=眠りがストレス発散に最も効果的とも言われています。

睡眠=眠りのメカニズムは「心と身体の疲労回復」行動といわれています。

睡眠=眠りは、日中の仕事や家事で疲労した大脳と身体を静かに休ませる

効果があります。

私たちの大脳は、朝起きてから眠りにつくまで「フル稼働」しています。

肉体の疲労は日中でも休息するなど安静にしていればある程度回復しますが、

大脳は眠らないと回復することができない構造となっています。

目が覚めている間(平均15〜18時間)、休みもとらず連続して運動することは、

肉体の構造上からも誰もできないことです。

しかしながら、大脳は常に仕事をし続けています。

せめて夜くらいはゆっくりと休息を与えないと大脳はパンクしてしまうでしょう。

日中の活動で疲れた大脳に休息を与えないで徹夜をしたりしてしまうと、疲れきった

「脳」は情報を処理が麻痺状態になります。

眠らないで徹夜をするとモウロウとして判断が鈍るというのは、脳の疲労ダウンに

原因があるといわれています。

充分な睡眠を取ることによって、脳は眠っている間に仕事や家事で活動していたときの

膨大な情報をゆっくりと処理して、明日の活動に備えてくれます。

睡眠不足は身体や心にダメージも与えます。

毎日が多忙な現代社会ですが、無理をせず、定期的な睡眠をとって

心と身体の健康に心がけましょう。

健康・睡眠雑学ノート

睡眠のメカニズム

睡眠障害、不眠症

女性の睡眠障害

体内時計

入眠障害
  寝つきを良くする

眠りを誘うお風呂

寝室環境

寝室の風水

寝室設計

寝室の色彩

寝具・睡眠

眠りの雑学特集

寝具の雑学特集

プロフィール


相互リンクのお願い

リンク集


健康・睡眠雑学ノートTOPへ
スポンサードリンク
Copyright (C)  All Rights Reserved