眠りの雑学特集・甘いお菓子と眠りの関係

健康・ねむりの雑学

甘いお菓子と眠りのページ

スポンサードリンク
健康・睡眠雑学ノート>甘いお菓子と眠り

このサイトは健康に関わる「眠り=睡眠」の雑学についてお伝えいたします。

このページは、眠り=睡眠に関わる問題点を簡潔に説明しています。

眠り=睡眠は私たちの健康に大きなかかわりがあります。


快適な眠りのための雑学としてお楽しみください。


甘いお菓子と眠りの関係

人の身体は不思議なものです。

常に、自然治癒能力が働いています。

このため、血糖値が低くなると、その改善のため血糖値を下げ緊張作用を高める

アドレナリンが分泌されます。

血糖値を高める食べ物として知られているのが、ケーキなどの甘い菓子や

清涼飲料水・ジュースといった類のものです。

この血糖値を高める甘い食べ物を食べると、その血糖値を下げるために多量の

インシュリンが分泌されます。

インシュリンの効果で、暫くすると血糖値が低下します。

血糖値が低くなると緊張作用を高めるアドレナリンの成分が分泌されます。

このように、甘い食べ物を食べると、インシュリンとアドレナリンが交互に

分泌されます。

このアドレナリンの分泌が多いと、神経が高ぶり眠れなくなることがあります。

また、甘い食べ物は、ストレス耐性に効果があり健康維持に大切な

カルシウムを体内から追い出す働きもします。

甘い食べ物はできる限り控えるように努めることが大切です。

とりわけ、寝る前の甘い食べ物は安眠の敵とも言えるでしょう。


健康・睡眠雑学ノート

睡眠のメカニズム

睡眠障害、不眠症

女性の睡眠障害

体内時計

入眠障害
  寝つきを良くする

眠りを誘うお風呂

寝室環境

寝室の風水

寝室設計

寝室の色彩

寝具・睡眠

眠りの雑学特集

寝具の雑学特集

プロフィール


相互リンクのお願い

リンク集

健康・睡眠雑学ノートTOPへ
スポンサードリンク
Copyright (C)  All Rights Reserved