眠りの雑学特集・良いマットレスの条件

健康・ねむりの雑学

良いマットレスの条件のページ

スポンサードリンク
健康・睡眠雑学ノート>眠りの雑学特集>良いマットレスの条件

Photo by (c)Tomo.Yun

このサイトは健康に関わる「眠り=睡眠」の雑学についてお伝えいたします。

このページは、眠り=睡眠に関わる寝具につて簡潔に説明しています。

寝具は快眠・安眠と深い関係があります。


快適な眠りのための雑学としてお楽しみください。


良いマットレスの条件

 1.正しい寝姿勢を保てる構造であること。
    人の身体は、頭・背中・腰・脚という4つのブロック(固まり)を背骨でつないだ
    構造になっています。立っているときは重力で4つのブロックが重なって
    いますが、寝ると重力がバラバラにかかります。このため、立っている状態の
    ままの寝た姿勢をとるのが理想的姿勢といわれています。

2.適度な体圧分散であること。
    人の身体には全身に「毛細血管」があり、部分的に圧迫を受けるとシビレ
    たり、痛みが起きます。このシビレや痛みが「寝返り」の原因にもなります。
    寝返りが多いと眠りが浅くなり熟睡が難しくなります。
    また柔らかすぎるマットは、身体の一部が沈み込み寝返りがしづらく大変
    寝苦しくなります。

3.保温性が良いこと
    頭寒足熱の言葉があるとおり、寒くて身体が冷たいと人は眠れません。
    このため「保温性」が良くないと、夜中に目が覚めてしまい、熟睡できない
    状態になります。 

4.通気性、透湿性が良いこと
    人は眠りについたときに最も大量の熱を放散し大量の汗をかきます。
    その量は一晩で約180cc(コップ1杯)と言われています。
    これを上手く乾燥させないとマットレスが冷えてしまい、「冷たいマットレス」に
    なるだけでなく、内部もサビやカビなどにより耐久性に不安が残ります。
    吸湿発散性はマットレスにとって大切な要素と言えます。


健康・睡眠雑学ノート

睡眠のメカニズム

睡眠障害、不眠症

女性の睡眠障害

体内時計

入眠障害
  寝つきを良くする

眠りを誘うお風呂

寝室環境

寝室の風水

寝室設計

寝室の色彩

寝具・睡眠

眠りの雑学特集

寝具の雑学特集

プロフィール


相互リンクのお願い

リンク集

健康・睡眠雑学ノートTOPへ
スポンサードリンク
Copyright (C)  All Rights Reserved